AGAの薄毛治療のメカニズムとは?どうして薄毛が治るの?

ドクターAGA治療を行う上で、多くの人が疑問に思うことに

AGA治療を行うと、どうして毛が生えるのかということです。

このページでは、そうしたAGA治療における疑問についてお答えしてきます。

 

AGAの薄毛が治るメカニズムとは?

AGAの基本的な治療法は、薄毛の原因となっているヘアサイクルの乱れを正常な状態に戻すのが基本となります。

ヘアサイクルの乱れの原因は、
こちらで詳しく解説している様に男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが原因でした。

体内で作られるホルモンが原因故に、治療が非常に困難であるとされてきた薄毛も現在は治療が可能です。

 

治療薬がホルモンの生成を阻害する!

AGA治療の基本は、治療薬の服用によって、5αリダクターゼの働きを阻害します。

その結果、テストステロンに対して5αリダクターゼがうまく作用せず、ジヒドロテストステロンの生成ができなくなります。

ヘアサイクルが乱れる原因のジヒドロテストステロンが生成されなくなるので、髪の毛の成長は通常通りの期間続くようになって、健康的で長い髪の毛となっていき次第に薄毛が解消されます。

このように、治療に至るメカニズムがハッキリしており、現在ではフィナステリドを配合しているAGA治療薬は、アメリカの食品医薬品局(FDA)と呼ばれる医薬品等の規制を行う機関からもAGA治療に対して効果があると認められています

 

血管を拡張し、血流を改善して発毛を促す!

AGAの薄毛治療は、フィナステリドを使った治療法のほかに

ミノキシジルを使った治療法があります。

ミノキシジルは血管を拡張し、血流を促す効果があります。この効果によって、毛根に対してより栄養がいきわたり易くなることで、発毛や成長を促します。

こちらの治療法では、髪の成長を促す効果によって、成長スピードを上げて薄毛を解消していく手法となります。

また、こちらの治療薬は血管に対して作用する為、女性でも使用できる場合があるため

AGAだけでなくFAGAの治療に使われることもあります。

2つの薬を併用して治療することができる

AGA治療における二大治療薬の、ミノキシジルフィナステリド

通常、同じような効果の治療薬を併用することはリスクが高かったりします。

ですが、ミノキシジルとフィナステリドは効果自体は発毛や育毛で同じですが、アプローチの方法が

全く違っています。

ミノキシジルは髪の成長を効率的行い、フィナステリドは抜け落ちるのを防ぎます。

作用する対象も血管と酵素と違っているので、併用しても問題はありません。

逆に、併用することによって、それぞれの効果を同時に得ることができ、相乗効果が期待できるようになっています。

 

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

AGAの治療は

原因である5αリダクターゼの作用を阻害する

血流を良くして、成長を促す

この2つの方法が基本となります。

AGA予備軍
AGA予備軍

じゃあ、よくあるブラシで叩いてマッサージしたり

海藻やワカメとかの食事、卵の殻とかニンニクみたいな

いわゆる民間療法ってどうなんですか?

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

民間療法の中にも効果があるものが、あるかもしれません。

多くの場合、民間療法には根拠が無かったり臨床試験なども行われていません

ですから、確実に薄毛を解消したいときは治療薬を用いた治療が最適です。