AGAの発症率は?薄毛に悩む人は減ってるの増えてるの?薄毛調査結果の発表です

研究のイメージAGAになってしまう年代って言うのはどのぐらいなんでしょうか?

幅広い年代に発症するAGAですが、基本的には年齢を重ねている方の方が多くなっています。

この発症率というのは、調査がされて結果も発表されています。

 

また、AGAの進行度合いなどに関しても、企業などが独自調査を行ってその結果を発表していたりします。

このページでは、そうしたAGAの発症率などのデータについて紹介していきます。

AGA予備軍
AGA予備軍

最近はAGAの進行が速いような気もするけど、AGA出ない気もする。。。

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

自分と同じ年代の人がどのぐらいの割合でAGAなのか?

そうしたことを知るだけでも、自分だけではないという気持ちが芽生えて

AGA治療に対して前向きに考えることができるようになります。

年代別のAGA発症率とは!?発症率を知っておこう!

 

AGA発症率のグラフ

AGAの発症率は上記のグラフの通りです。

若年層では6%と少ないですが、30代になると20代の倍になり、40台になると3倍近い数になります。

そこからは緩やかに増えていきますが、一番の違いがあるのは30台と40代。

30代までは問題なかったのに、40代になってからAGAに悩み始めるという人は少なくないのです。

そのため、30代で薄毛ではないから将来も安心というワケではないことを心に止めておきましょう。

 

脱毛進行中の男性の割合の推移について

毛髪クリニックの「リーブ21」では、2015年と2017年に「頭髪悩み度」の調査を行っています。

その調査結果をまとめたグラフがこちら!

脱毛の進行に悩む人の割合

 

2015年と2017年の結果では、全体的に数%ではありますが薄毛の進行に悩んでいる男性が多いという結果になっています。

中でも、特に注目すべきポイントは10代の増加です。

2015年から2017年で

8.5%  16.5%

と2倍近くなっています。これは、若年性のAGAに悩む男性が増えているということが伺えます。

AGA以外のストレス性の脱毛などの可能性もありますが、ここまで大きな増加を見せているのは

非常に深刻な事態と言えるでしょう。

それ以外の年代では、下がっている年代があるものの全体的に増加しているので

薄毛に悩んでいる男性は少なくないことがうかがえますし、当然中には治療を行っている人もいるわけですから、AGA治療は何も恥ずかしいものでありません。

人に薄毛がばれるのが恥ずかしい、薄毛治療をしているのは恥ずかしい。

そういった思い込みをするのではなく、薄毛かもしれない。そんな風に思ったときはまずクリニックなどでカウンセリングを受けて、治療への第一歩を踏み出してみましょう。

 

その後は、個人輸入代行などのサービスを使えば、AGAの治療に係る費用を抑える事ができるのでAGA治療は高いから手が出せないと思い込むのではなく、まずは動いてみる。

それがAGA治療においては何よりも大切です。

 

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

AGAの薄毛に悩む男性は少なくありません。

自分ひとりだけ。そんな風に考えると恥ずかしく思えたりしますが

同じ悩みを持つ人が多いというデータがあるからこそ自信をもって治療をスタートできる時代になっています。

AGA予備軍
AGA予備軍

これなら、僕もAGA治療へ一歩を踏み出せそうな気がします!