フィンペシアはAGA治療薬として有名なプロペシアのジェネリックだから安心!

フィンペシアのパッケージAGA治療薬は数多くあれど、やっぱりその値段がネックとなってしまってなかなか継続することが難しかったりします。

そうした時に役立ってくれるのがジェネリック医薬品でした。

AGA治療薬にも当然ジェネリックはあります!こちらのページではそんなAGA治療薬のジェネリックの一つ、フィンペシアについて紹介していきます。

AGAの薄毛を解消したいけど、薬の代金で厳しい。そうした方は是非フィンペシアを一度利用してみるとよいでしょう。

AGA治療薬の筆頭「プロペシア」のジェネリック

フィンペシアの最大の特徴は、プロペシアのジェネリックであるということ。

プロペシアはAGA治療薬として現在、日本をはじめとして世界各国で承認されています

そのため、AGAによる薄毛の治療効果は保証されているわけです。

薄毛を治療したいけど、できるだけ費用は抑えたい。そうした人にこちらのフィンペシアは最適なAGA治療薬の一つといえます。

 

有効成分はフィナステリド

フィンペシアは、プロペシアのジェネリックなので有効成分はプロペシアと同じフィナステリドになります。

当然、有効成分が同じであるため、プロペシアと同様の効果を期待できるので、薄毛に悩む方には絶大な効果をもたらしてくれることは間違いないでしょう。

こちらは医薬品であるため、副作用などもあります。副作用に関しても、フィンペシアとプロペシアは同じなので、プロペシアを飲んだけど副作用が強すぎて無理だったという場合には、フィンペシアにしても同様の結果になる可能性が高いといえます。

ですから、AGA治療の為にプロペシアをこれまで使っていたけど、費用を抑えるためにフィンペシアに変更するのは非常に有効です。

しかし、プロペシアの副作用が強すぎてジェネリックに変えるという場合は、副作用自体は変わらないので無駄になってしまう可能性はあります。

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

新薬と同じ成分で作られているから、同じ効果が期待できるわけです。

フィンペシアで現れる可能性がある副作用とは

薄毛治療にフィンペシアを用いた場合に現れる可能性がある副作用にはいくつかの種類があります。

フィンペシアの服用によって現れる副作用の中でも大きなものが肝機能障害です。肝機能障害の症状が現れた場合には、速やかに医師の診察を受ける必要があります。

ただ、こちらの副作用が出るケースは非常に稀であるため、あまり気にする必要はありません。

上記以外の副作用としては、EDの症状や精液の薄くなったりするといった、男性機能全般の低下、発疹、むくみ等があります。

特に男性機能全般の低下に関しては、人によっては薄毛以外の問題を招く原因にもなりえるので注意が必要です。

AGA予備軍
AGA予備軍

でも、薄毛を治療するだけなのに、どうしてEDとかになっちゃうの?

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

では、次にどうしてそんな副作用が出るのかを紹介しましょう。

番外編:どうしてEDとかになってしまうのか?

フィンペシアやプロペシアを服用することで現れる可能性がある副作用として、EDなどの男性機能全般の低下があります。

では、なぜそうした副作用があるのでしょうか?こちらでは、その疑問にお答えします。

フィンペシアとプロペシアはAGA治療を行う薬ですが、薄毛を治療する仕組みを思い出してみましょう。

AGA治療薬で薄毛が治療できる仕組み

 

 

上記のページでも説明があるように、毛を脱毛するホルモン「ジヒドロテストステロン」を生成するための5αリダクターゼの働きを阻害する為でした。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種で、その生成が抑えられることで男性機能が低下してしまうというわけです。

ですから、フィンペシアやプロペシアなどのAGA治療薬の服用をストップすることで、再びジヒドロテストステロンの生成が活発になって男性機能は次第に回復していきます。

AGA予備軍
AGA予備軍

なるほど!男性ホルモンの生成が抑えられるから、男性機能も低下するんだ。

 

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

薬の効果で抑えられているから、薬をストップすればまた元通りになるので

男性機能低下の副作用はソコまで気にする必要はないと思います。

フィンペシアを購入する方法とは?

AGAクリニックなどを利用した場合、プロペシアやミノキシジルを処方してもらうことはできますが、フィンペシアを処方してもらえるケースは非常に稀です。

では、どうやってフィンペシアを手に入れればいいのでしょうか。ここではフィンペシアを購入する方法について紹介していきます。

 

ジェネリックを購入する際の基本は、個人輸入代行サービス

ジェネリック医薬品が欲しいと考えた場合、病院で処方してもらえない理由として、日本ではまだジェネリックの認可が下りていない場合が考えられます。

しかし、そうした認可の問題も個人輸入であれば気にしなくて済むようになるのでジェネリックを手に入れたいと考えた場合には、個人輸入代行サービスを利用するのが最も確実で手軽な方法だと言えます。

個人輸入代行サービスによって、取り扱っている医薬品の種類や価格は違っているので色々なサービスを見て、フィンペシアを取り扱っているサービスがあればチェックしておくとよいでしょう。

 

フィンペシアの購入

フィンペシアAGA治療薬であるプロペシアのジェネリックならフィンペシア!

 フィンペシアを購入する