豊富なジェネリック医薬品があるから安価に抑えられる

医薬品と一口にいっても、その種類は非常に豊富です。
AGA治療薬をとっても、ミノキシジルとプロペシアと2タイプの治療薬があります。
ジェネリック医薬品と呼ばれるものを追加すると、その幅は更に広がるのです。

AGA予備軍
AGA予備軍

ジェネリック医薬品!テレビCMとかでも聞いたことがある!

でも、実際何なのかはよくわからないかも。。。

 

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

では、ここではそんなジェネリック医薬品について紹介しましょう。

ジェネリック医薬品って何だろう?

大金のイメージジェネリック医薬品とは何なのか?それを知るためには、医薬品の特許について知る必要があります。

日本で処方されている医薬品の中にも、特許があるものは非常に多いです。

なぜなら、この特許があることで医薬品を作る製薬会社が新たな医薬品の研究、開発を行えると言っても過言ではありません。

通常、医薬品を新しく作るためには、長い研究期間と高い研究費用が必要になります。

研究期間は研究から開発、臨床試験などを経て承認を得て販売することができるようになりますが、それまでにかかる期間は10年~20年近くと言われています。

研究費用については、500億円ほど必要になるとも。

そうした莫大な費用と時間をかけても、実際に新薬として販売できるようになるのはほんの一握り。

それ以外のものについては、副作用や危険性など様々な要因によって販売に至ることができません。

 

ですから、新しく作られた医薬品には特許が認められています。

特許を取得することで、特許期間の間は独占的に販売ができるようになるので開発などにかかった研究費用をまかなえるわけです。

この特許が認められた薬が主に「新薬」と呼ばれます。

新薬は特許に守られているので、他の製薬会社が同じ薬を作ることはできませんが、特許期間には限りがあります。

この特許が切れた場合、開発した製薬会社とは別の製薬会社も同じ成分を用いて同じ製法で同じ効能の薬を作って販売することが認められます。

この「他の製薬会社が作った同じ成分、同じ製法、同じ効能」の薬こそ、ジェネリック医薬品なのです。

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

ジェネリック医薬品は基本的に全てが新薬と同じと考えて問題ありません。

ジェネリックはどうして安くなるのでしょうか?

AGA予備軍
AGA予備軍

でも、全く同じならどうしてジェネリックの方は安いの?

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

ジェネリック医薬品が安いのにも、当然理由はありますよ。

研究のイメージ新薬とジェネリック医薬品を比べた場合の一番の違いは、価格にあります。

新薬と、ジェネリックは成分や製法、効能などは同じことが一般的なので、薬としての使い道や効果は変わりませんが、価格が大きく違います。

その理由は、非常に単純です。

新薬とジェネリックの違いは、研究開発の有無です。

新薬を作る場合、莫大な時間と費用をかけて研究を行って作るわけですが、ジェネリック医薬品の場合は莫大な時間や費用は必要ありません。既に国から認可されて販売されている医薬品をそっくりそのまま作るわけですからね。

研究開発にかけた費用を賄うために新薬は高めに設定されているのに対し、ジェネリックはそうした研究開発の費用が必要が無いので、価格を落として販売することが可能なんです。

 

全ての薬のジェネリックがあるわけではないが…?

新薬があればジェネリック医薬品もあるのは現在では珍しくなくなっています。

ですが、現在日本ではまだ認可されていないジェネリック医薬品も少なくありませんし、そもそも特許によってジェネリックが作れない医薬品もあります。

ですが、個人輸入代行のサービスを見てみるとまだ特許期間があるのにジェネリック医薬品が作られているケースもあります。

AGA予備軍
AGA予備軍

特許が切れたらジェネリックが作れるのは分かったけど…

日本では処方されていないのに個人輸入代行だとジェネリックがあったりするのは

なぜなんだろう?

 

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

では、ここではジェネリック医薬品のカラクリについて紹介しましょう。

特許がまだ切れてないのにどうしてあるの?

特許が切れていないのに、ジェネリック医薬品があるというケースは珍しい事ではありません

では、なぜ特許が切れていないのにジェネリックが存在するのか?その理由となっているのがインドなどの法律です。

インドの特許法では、既に存在している物を元に開発したものは発明ではないとされるため、インドでは新しい薬に使っている成分に対して特許を取得できなかったりします。

そのため、同じ成分を用いて製法を変えて同様の効果が期待できるジェネリックを作ることができました。

その結果、インドではジェネリック医薬品を他の国よりも先に販売することが可能となっています。個人輸入代行サービスなどを見るとインド生まれのジェネリック医薬品を多く取り扱っていたりします。

だからこそ、個人輸入代行サービスを利用することで日本ではまだ認可も何もされていないジェネリック医薬品を手にすることができます。

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

法律が違う!だからこそ

海外ではジェネリックがあるのに日本にはないという状況になるわけです