ロニタブは血流促進で薄毛を治療するミノキシジルのジェネリック

ロニタブAGAによる薄毛の治療薬は数あれど、使われている種類というのは大まかにプロペシアとミノキシジルの2種類に分類できます。

AGA治療薬プロペシアについての情報はこちら

AGA治療薬ミノキシジルについての情報はこちら

 

こちらのページで紹介するのは、上記のうちの1つミノキシジルのジェネリック医薬品になります。そのため、有効成分は当然ミノキシジルになります。

日本では、頭皮などの薄毛が気になる部分に対して塗布して薄毛治療を行うタイプの治療薬が多いですが、ここで紹介するミノキシジルジェネリックのロニタブは服用してミノキシジルの成分を充分に得ることができるタイプのAGA治療薬です。

そのため、より高い効果を期待することができるので薄毛治療の強い味方になってくれるでしょう。

 

有効成分ミノキシジルは5mg

ロニタブに配合されている有効成分はミノキシジルジェネリックなので、当たり前ですが「ミノキシジル」です。

配合されている成分量は5mgで、一般的なミノキシジルと変わりません。

5mgなので配合量も問題ありませんし、十分な薄毛治療効果を期待できるようになっています。

 

新薬はロニテン

ジェネリック医薬品であるロニタブの元となっているのが、ロニテンと呼ばれる新薬になります。

こちらの新薬ロニテンは服用するミノキシジルとして薄毛治療で利用されていますが、現在日本では未承認の医薬品となります。そのため、AGAクリニックなどで処方してもらうことも出来ません。

手に入れる方法は必然的に個人輸入代行のサービスを利用することになります。

基本的には安全に使用ができる医薬品ではありますが、副作用のリスクはゼロではないので適切に服用することを心がけましょう。

ロニタブが持っている副作用のリスクとは

様々な副作用がありますが、特に服用するタイプのミノキシジルとして大きな副作用になのが体毛が濃くなったり、手足がむくむといった症状です。

塗布して使うミノキシジルの場合、頭皮の血流をよくする効果が期待できますが、服用タイプは全身の血流をよくするため、そうした副作用が現れるリスクが上がります。

またむくみについても同様です。

体毛は濃いけど頭髪は薄い。そうした場合にはロニタブはあまり適していないと言えます。

ですが、ミノキシジルはプロペシアと併用することが可能なので、併用することで男性ホルモンが抑制されて体毛が濃くなるのを避けながら薄毛を解消していけるケースもあります。

 

ロニタブの購入は個人輸入代行だけ!

服用するタイプのミノキシジルは、日本ではまだ未認可となります。

そのため、手に入れる方法としては個人輸入代行サービスを利用するしかありません。

個人輸入代行のサービスであれば海外で認可されている医薬品も輸入することができますし、違法にもなりません

 

個人輸入代行サービスについての詳細はこちら

 

個人輸入の場合、日本で認可されていない医薬品であっても輸入が可能ですし、使用することも出来ます。ただし、輸入自体が禁止されている医薬品も中にはあるので個人輸入代行サービスを利用する場合には、事前にそうした部分について把握しておくようにしましょう。

 

ロニタブの購入

ロニタブ服用してAGAを治療するミノキシジルタブレットならロニタブ!

 ロニタブを購入する