気になるAGAの薄毛と嗜好品のカンケイ

AGAの薄毛の原因は様々ですが、そうした原因の中にタバコやお酒といった嗜好品が含まれるのでは?と考える人は少なくありません。

ヘビースモーカーだから、大酒のみだから薄毛になってしまう。そうした噂はゼロではないですが、実際の所はどうなんでしょうか?

このページではそうした噂について考えていきたいと思います。

 

多くの人が楽しんでいるお酒とAGAの薄毛

酒を大量に飲むから薄毛になる。

一件全く関係がないような話にも見えますが、まことしやかにささやかれる噂になっているこちら。

実際には、関係性はゼロではないと考えられています。

AGAによる薄毛の原因であるジヒドロテストステロンアルコール全く関係が無いというわけではないのです。

その理由が、お酒を飲むことで体内で作られる物質「アセトアルデヒド」にあります。

このアセトアルデヒドは通常、肝臓で分解されて体外へ無害な形で排泄されます。しかし、過剰にアルコールを摂取した場合には、このアセトアルデヒドが血中に流れだします。

アセトアルデヒドは吐き気や皮膚の紅潮などの作用を起こし、二日酔いの原因ともいわれている物質です。

この物質が、AGAの原因であるジヒドロテストステロンを増やすと言われています。

そのため、二日酔い以外にも、AGAの原因物質を増やしてしまうため過剰なアルコールの摂取は薄毛に繋がる可能性があるのです。

AGA予備軍
AGA予備軍

それじゃあ、AGAの治療には禁酒が必要になるの?

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

いいえ、楽しくお酒を飲むだけであれば飲酒は何も問題ありません。

問題なのは、分解できる許容量を超えた過剰な摂取にあります。

タバコを吸う人はAGAの薄毛になりやすい?

飲酒と共に、嗜好品として多くの人に楽しまれているのがタバコです。

タバコを吸う人は非常に多いですし、現在ではいわゆる紙巻タバコ以外にも、電子タバコなど様々な種類がしのぎを削っています。

飲酒と同様に、タバコを吸う人はAGAの薄毛になりやすいという噂があります。

飲酒の場合は、アセトアルデヒドがジヒドロテストステロンを増やすからなる可能性は高まるという結果がわかりましたがタバコの場合はどうでしょう。

 

タバコを吸う事によって、血行が悪くなることは多くの人に知られています。

血行が悪化することによって、頭皮の結構も悪化して抜け毛が増えるという可能性は高まると考えられます。

更に、タバコには男性ホルモンを増加させる働きがあることがアメリカにある大学の調査によってわかっています。

タバコを吸うだけで、1~3割もの男性ホルモンが増えるという調査結果からわかるようにタバコを吸う事によって男性ホルモンが原因であるAGAの薄毛になる可能性は高くなると言えます。

血流の悪化による脱毛とホルモン増加による脱毛のダブルでAGAのリスクを高めるため薄毛治療を考えている場合には、禁煙してみるというのも一つの重要なポイントになると考えられます。

 

AGA予備軍
AGA予備軍

お酒もタバコもダメとなると、薄毛治療は何も楽しみがなくなるね。

 

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

タバコに関しては、ニコチンなどを含まない電子タバコもあるので

そちらを利用してみてはいかがでしょうか。