薄毛になってもあきらめない!AGAの治療法とは

ドクターAGAになっても、絶対に剥げてしまうというわけではありません。

 

当然、何も治療や対策を行わなければ剥げてしまう運命を免れることはできません。

しかし、適切に対策を行い、治療を進める事によってその運命に抗うことができる時代になっています。

一度なってしまうと、治すことが不可能とまで言われていたAGAの薄毛はどのようにして治るのでしょうか?

ここでは、AGAの治療方について紹介してきます。

治療を行ってくれるのはドコ?

AGA治療をしたいと考えて最初に躓くポイントがどの診療科で治療してもらえるかという問題です。

 

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

AGAの治療は、AGAを専門に治療しているクリニック皮膚科があります。

AGAクリニックが近くにある場合は問題ないですが、そうでない場合は皮膚科での治療が基本となります。

 

AGA予備軍
AGA予備軍

それじゃあ、皮膚科とAGAクリニックで治療って違うの?

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

その疑問は当然と言えます。

では、皮膚科とAGAクリニックでの治療の違いを紹介していきましょう!

皮膚科とAGAクリニックの治療は何が違っているの?

AGAによる薄毛治療は、AGAクリニックや皮膚科で行ってもらえますが

その治療にどのような違いがあるのでしょうか。

ここではその疑問にお答えしていきましょう。

このAGAクリニックと皮膚科で行う治療の違いは基本的にありません

AGAクリニックでも皮膚科でも、AGAと診断された場合

治療の方法は基本的に、ミノキシジルやフィナステリドといった治療薬を用いた投薬治療になります。

そのため、治療法自体に大きな違いはありません。

 

しかし、AGA専門のクリニックの場合は、より専門的な検査ができたり

一人一人に合わせて様々な栄養素を配合したトリートメントなどを行い、育毛を促し更に効率的にAGAを治療することが可能な所もあります。

 

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

基本的な治療方針は投薬治療で違いはありません。

専門クリニックでは投薬治療と共に、より効果を高めるための治療があるので

より効率的に治療ができる可能性があります

 

AGA予備軍
AGA予備軍

でも、そうなると専門クリニックってものすごいお金がかかるんじゃ?

皮膚科なら、保険とかもあるだろうし。。。

 

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

では、次はAGA治療にかかる費用の違いについて紹介しましょう!

AGAクリニックと皮膚科では費用に違いがあるの?

AGA治療を行える、AGAクリニックと皮膚科。

では、それぞれで治療にかかる費用は違うのでしょうか?

その答えは、半分正解で半分間違っていると言えます。

その理由が、保険の適用です。

通常、皆さんが病院で病気の治療を受ける場合、保険が適用され費用は3割負担で済み全額を負担することは、基本的にありません。

保険証を忘れてしまって、ものすごい金額を請求された経験があるという人もいるでしょう。

その場合、後で保険証を提示することで本来の3割負担の料金を引いた7割分が返金されます。

基本的に、保険が適用されない治療については、上記の3割負担ではなく全額を負担する必要があります

AGA治療は自由診療であるため治療にかかる費用負担は、10割となります。

そのため、皮膚科で治療を受けようが、AGAクリニックで治療を受けようが保険は適用されないため、治療にかかる費用的な部分での違いはソコまでありません。

 

但し、ここで1つ注意があります。それが

自由診療の費用は病院側が自由に設定できるという点です。

保険診療の場合、点数制度によって医療報酬が決まっていますが、自由診療ではそうした決まりが無いので病院やクリニックによって、同じ治療や検査でも費用が違うことがあります。

 

そのため、どこのクリニックで治療を受けたり、薬を処方してもらうのかということが非常に重要になります。

 

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

クリニックや病院ごとに自由診療の費用は様々!

だからこそ、自分に合った方法で納得の治療を受けましょう